体重2キロの小さなロシアンブルー、アンの日記
by an_riri_piyou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...
お気に入りブログ
ティエタのアニマルファーム
ゆみくり号
バラの図鑑別館
エキサイト以外のリンク
カテゴリ
全体

ロシアンブルー
お出かけ
未分類
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


雨の日のねこ展

冷たい雨の降る寒い寒い日、こんなところへ行ってきました。

あ、ここにもネコ科の動物が…(笑)。
c0165813_10471716.jpg
ライオンといえば三越。
この像は1914年(大正3年)正面玄関に登場したそうです。


日本橋の三越で開催されていた「 岩合光昭写真展~ねこ~
(すでに過去形です。。涙;)
c0165813_10502461.jpg

平日の雨の日だというのに、猫好きさんで
賑わっていましたよ~♪

土日に開催された岩合さんのトークショーと
サイン会の混雑ぶりは推して知るべし、
でしょう。

ねじっこさん がその模様をレポートされて
います。)






30年以上も猫や動物の写真を撮ってこられた
岩合さん。
昨年には10年に及ぶ日本全国47都道府県の
猫に出会う旅も終えたそうで、
各地で撮られたたくさんの猫の写真を
見ることができました。


会場はもちろん撮影禁止なので、手に入れた岩合さんのハガキを載せましょう。
c0165813_11182112.jpg
跳ぶ、遊ぶ、眠る、集う、鳴く、笑う、、、。
いろいろなテーマに分かれて生き生きと躍動する猫たち。
舞台は外国にまで及びます。

突然、「ニャァ~~」と、かわいらしい猫の鳴き声。
えっ、会場に本物の猫がいるの!?
一斉に集中する視線の先には…。
「すみません。。」あわてて携帯を操作する女の人がいました。
納得した人たちの、どの顔もみんなニコニコ♪
飼い猫(たぶん)の声を着信音にするなんて、素敵ですよね060.gif

こんなふうに会場は和気あいあい。
知らない人同士でもにこやかにお話をしてしまうのです060.gif

岩合さんが一目惚れし、1976年に初めて飼った「海(かい)ちゃん」の
コーナーもありました。
c0165813_10172447.jpg
こんなかわいい海(かい)ちゃん、毎年仔猫を産み育て、たくさんの子孫を残し、
逞しい母親の顔も見せてくれるのです。


宮城県の田代島は猫が大切にされていることで有名な島。
写真から島の人たちと猫たちの共存の様子が微笑ましく伝わってきます。
この島のアイドル(?笑)「ハートのしっぽちゃん」左端の子です。
c0165813_10421491.jpg
しっぽが付け根のほうにくるんと曲がってハート形に見えるのですね。
たくさんの猫を見て、頭の中はほんわかほんわか♪♪^^

冷たい雨の中、日本橋界隈を歩く気持ちはさらさらなく(笑)
ご一緒した猫好きのお友達と三越の中の喫茶店でダベリング。(←古っ!^^;)
コーヒーとロールケーキが美味しかったです。
c0165813_11514952.jpg


c0165813_11153953.jpg

中央ホール一階から
四階まで吹き抜けの
階段に聳え立つ
天女(まごころ)像

こちらは1960年の
制作。

入口のライオン像とともに、
三越のシンボルに
なっているそうです。











その大きさ、細やかな彫りの見事さは圧倒的な迫力がありました。
c0165813_11211263.jpg


仕事で行かれなかったオットには、岩合さんの本をおみやげです。
オット、もちろん大満足でした060.gif
c0165813_10492454.jpg



<猫のABC>

S・T・U
c0165813_11573441.jpg

V・W・X
c0165813_11585125.jpg
あと2つしかありませんが(笑)次回に続きます。



◎「 にゃぐにゃぐ 」のMistyさんが初島の猫についての記事をアップされておりました。

Mistyさんも「ねこ展」へ行かれ、田代島の猫たちを見て、同じような境遇にあった
初島の猫たちのに心を痛められ、記事になさいました。

静岡県の熱海の沖合にある初島。
ここでかつては作物を荒らすネズミの駆除のために連れてこられ、重宝された猫たち。
しかし、後にネズミの被害のない作物に切り替えたことから、猫の必要性がなくなり、
猫は無用のものとして捨てられたのです。
小さな島で猫は増える一方。。
それに対処するために「絶対に猫に餌をやってはいけない」という掟を作ったのです。
そうして、猫たちの悲惨な現実が始まります…。。


詳しくは Mistyさんの記事 をご覧になってください。


現在、「静岡動物愛護 犬猫ホットライン」 のボランティアさんたちの行動のもと、
エサやり・保護・里親募集が行われているそうです。

この現実を少しでも多くの人に知っていただきたく、
末筆ながら添えさせていただきました。

ご訪問、お付き合い、ありがとうございました♪


↓ブログランキングに参加しています。

今回も我が家の猫の登場はなし…(涙;)。。
ポチッと よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
[PR]
by an_riri_piyou | 2010-03-21 13:14
<< ありがとうのプレゼント♪ 野鳥の楽園 >>